« 「寿」の草書体 | トップページ | 平仮名の字源 »

永字八法

Dsc_2351


「永」の字には楷書の基本運筆が8種類も含まれており、「永」の字を一生懸命練習すると字が上達すると
昔から言われています。昔と言ってもそれはそれは大昔なんと後漢の時代に遡ります。

1.側(そく)…点
2.勒(ろく)…横画
3.努(ど)…縦画
4.趯(てき)…はね
5.策(さく)…すくいあげ
6.掠(りゃく)…左払い
7.啄(たく)…短い左払い
8.磔(たく)…右払い

後漢の時代から現在に至るまで、書の初心者なら皆一度は練習するこの「永」の文字。
写真の「永」はK・Rさんが、9年前に入会し初めてのレッスンの際に清書した作品です。
本当に見事に8種類の運筆が出来ています。また天地左右の空き具合、半紙に対する文字の大きさ、
いわゆる章法(バランス)も素晴らしいですね。
K・Rさんは、今月ご家庭のご事情で東京を離れることになりました。
明るく、常にポジティブなK・Rさん、淋しくなってしまいます。
どうか新しい生活に慣れて余裕がでてきましたら、時折は筆を走らせて下さいね。
こんなに上手なのだから…



« 「寿」の草書体 | トップページ | 平仮名の字源 »

書道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永字八法:

« 「寿」の草書体 | トップページ | 平仮名の字源 »