« あと4日! | トップページ | はじめての手紙文 »

蚕頭燕尾(さんとうえんび)

Dsc_2657_2



四方之志…天下を治めようとする大きな志。天下をとるという大志のこと。


写真は、個人レッスンコースのM・Rさんの作品です。

顔真卿の特徴的な筆法、蚕頭燕尾(起筆は蚕の頭のように丸く、右払いの収筆は燕の尾のように書く)を意識して書いていただきました。

 

もともと運筆の技術が長けているM・Rさん。難しい筆使いなのにたっぷり潤った線で実に良く書けています。

顔真卿と言えば安禄山の戦いで唐王朝の危機を救った忠臣烈士、決して信念を曲げない剛直の人。起筆を強く置きぐぐっとじっくりと線を引いたせいか、そんな力強い顔真卿の風格もちょっぴり作品から感じられますね。

 




ゆったり楽しくしっかり基礎から 書道教室 金の筆銀の筆

« あと4日! | トップページ | はじめての手紙文 »

書道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蚕頭燕尾(さんとうえんび):

« あと4日! | トップページ | はじめての手紙文 »